春らしいカルトナージュで模様替えはいかが?


お部屋に射し込む光の表情が、ずいぶん柔らかいものへと変化してきました。春ならではの明るさと暖かさが、新しい季節の到来を告げています。

これまでの寒い季節に私たちを守ってくれていたお家のインテリアも、そろそろ活動的な気分に合わせたい頃ですね。カーテンやラグといった大物インテリアの模様替えとともに、カルトナージュ作品の入れ替えも追加して、一気に明るく軽やかなインテリアへと変身させてしまいましょう!

そんな気分にピッタリ合う、春めいた雰囲気のカルトナージュ作品を、皆さんも作ってみませんか???

生地選びはどうする?

カルトナージュ作品で季節感を存分に表現したいとき、やっぱり重要なのは生地選び。花柄の生地をメインにして、春のウキウキした気分や明るさを表したいですね。

ichimière00
ichimière (イチミエール)

こちらはichimièreの先生が、春を前に集められた花柄生地のほんの一部。ichimièreらしさが垣間見える、品の良い落ち着きが感じられる生地ばかりです。

ストックされている生地にはお教室ごとにばらつきがあり、それぞれの「好き」の違いが、先生や生徒さんの作品のカラーとなって、そのお教室らしさに直結しているのです。ご自身で生地探しをするときは、普段お教室で見慣れている生地とは違ったテイストのものに心惹かれるかもしれませんし、そういった生地で新たな作品作りにトライするのも楽しいですね。

ひとくちに花柄と言っても、ナチュラルな優しい雰囲気のものからポップな軽やかさを感じるものまで、あらゆる種類があります。また、お花の表現方法もさまざま。線描のように繊細でリアルなボタニカル柄があしらわれたものや、抽象化されてモダンな風情をまとったもの……きっと気に入るデザインの生地に出会うことができますよ。

そんなよりどりみどりのファブリックの中から、今のご自身の気分に合うデザインや、おうちのインテリアテイストに合わせたデザインをチョイスして、春の作品作りを始めたいですね♪

季節感には色味が大事!

花柄は、春気分をより一層高揚させてくれますが、やっぱりインテリアの雰囲気をガラッと変えるには作品の色味が大切になってきますよね。

ここでは、春らしさのあふれる作品のなかから、是非参考にしたい配色の作品をいくつかピックアップしました。

ホワイトの魅力♪

清潔感があり、どんな色味をも明るく際立たせてくれる魔法のカラー、ホワイト!
真っ白な地に映えない色は無いですよね。
見せたい絵柄をしっかりと引き立ててくれ、作品全体を明るくしてくれるホワイトベースの生地を味方につければ、お部屋の雰囲気を一気にガラッと変えてくれます。

cocohouse01 
cocohouse

こちらは、フタの付いた大きな新聞ストッカーです。本体の前部に設けられたスリットから簡単に新聞を入れられる優れもの。下にはキャスターがついていて移動も楽々です。
また、こんなに大きくても重量感を感じさせないのは、伸びやかなお花が描かれた、この白い生地のおかげ
視覚効果で家事を楽にしてくれる、そんな新聞ストッカーです。

Spica01
カルトナージュ教室Spica スピカ

白地に淡いグリーンの絵柄が軽やかに映えるシャポースタイルの小箱です。持ち手として取り付けられたパールも、白く輝きを添えています。
こちらは体験レッスンで作れる、初心者さんにもやさしいアイテム。テーブルの上や飾り棚の上など、目につくところに置いて便利に使えると人気ですよ。

爽やかにグリーンを

草木も新たに芽吹く春ですから、グリーンは春の必須カラーですよね。
グリーンをキーカラーにして作品作りをすれば、明るさだけでなく、お部屋に爽やかさや元気さを運んできてくれますよ!

 RoseCorail00
ローズコラーユ

こちらの愛らしいダマスク柄が印象的なBook型ボックスは、内側に無印良品の仕切りボックスがちょうどよく入れられる、用と美を兼ね備えた作品です。
ふたを開けるたびにグリーンの鮮やかさが目に飛び込んできますね。
外側に使わているグリーンと、内側に使われているグリーンは異なる色味ですが、どちらも明るく見る人の気分を元気にしてくれます♪

AtelierClairange01
Atelier Clair ange

このマガジンラックは、生徒さん持ち込みの生地でこだわって作られた作品です。
側面には無地の生地を使い、前面と仕切りの柄は揃えて統一感を。
幾何学模様の生地は、きちんと貼らないとずれやゆがみが目立ってしまいますが、こだわりの作品だけあってキッチリと仕上げられていますね。

グリーンに隣接しているブルーも、より全体の爽やかさを際立たせていますし、ダイヤ形に抜けているホワイトからは軽やかにリズムが感じられます。ピンクのアクセントも利いていて、春を感じるにはうってつけの配色です♪

やっぱりピンクは外せない♪

ホワイトやグリーンも素敵……とはいえ「春のキーカラーはやっぱりピンク!」という方も多いはず。
特に日本人にとって「春といえば桜=ピンク」というイメージが根強いのは当然です。

 AtelierJun01
Atelier Jun アトリエジュン

ピンクベースのダマスク柄とローズの色がマッチしていて素敵なリボントレイ。ローズの繊細なニュアンスが魅力的ですね。
体験レッスンのカリキュラムとして用意されているこちらのトレイは、お教室にあるお好きな生地やリボンをご自由に選んで作っていただけるそう。リボンの色や太さを変えるだけでも、雰囲気を変えることができますし、初めての方にこそオススメしたいアイテムです。

AtelierDetour01
Atelier Detour

縫わないバッグとしてこのまま使えるバケットです♪
Tildaならではの生地合わせが究極にかわいい作品となっています。
外側には花柄を、内側には小鳥柄をチョイス。同じ色味が使われている生地を組み合わせると、絵柄の要素が増えてもうるささを感じない組み合わせが楽しめます。
絵柄同士を組み合わせることに抵抗がある方や、初めて組み合わせにトライされる方は、同じメーカーのシリーズ生地などから試されるとやりやすいかもしれません♪

体験レッスンや1dayレッスンを探そう!

上でご紹介した作品以外にも、体験レッスンで作れるインテリアアイテムはまだまだ沢山!

トレイ蓋付き小箱ダストボックスなど、春のお部屋づくりにぴったりなお役立ちアイテムを、たった1回のレッスンで作り上げることができますよ♪

是非、お近くのサロンを検索してみてくださいね!