新しい通信講座「CRAFTING」が1周年記念セールを開催中!


日本ヴォーグ社が運営している通信講座「CRAFTING」をご存知ですか?
専用アプリを使い、動画で学んでいける新しい通信講座として、2019年にスタートしました。

10月で1周年を迎えたCRAFTINGが、今、1周年記念の「THANKS CAMPAIGN」を開催中!
人気の講座を10〜50%OFF価格で学べる、お得なキャンペーンとなっています。

今回はそのCRAFTINGレッスンの中から、セール価格かつ、カルトナージュに役立ちそうなものを厳選してご紹介!
10月31日までの期間限定です!この機会をお見逃しなく♪

CRAFINGって?

CRAFTINGとは、日本ヴォーグ社が運営している通信講座です。

support1

通信講座というと、キットと教材が届いて、あとは自分で頑張るだけ……というイメージが強いですよね。
CRAFTINGはすべて動画で学ぶことができ、専用アプリを使ってわからないところを先生に質問できる機能もついています!

support3

添削機能もついているので、より高いクオリティを目指すことが可能です。

習い事をしたいけれどなかなか家をあけられない方、小さなお子さんや親御さんの面倒を見るために、自分の時間は少しずつしか取れないという方、ハンドメイドが初めての方などに大人気!

これまでになかった新しい通信講座として、今、注目を集めています。

CRAFTINGおすすめレッスン〜刺繍編〜

ここからは、カルトナージュの作品に役立ちそうなおすすめのCRAFTINGレッスンをご紹介します♪
まずは、刺繍レッスン特集です!自分で刺繍した布地をカルトナージュに使って、世界にひとつの作品を作りましょう♪

ハンガリー刺繍

hunhary01
井沢りみさんのハンガリー刺繍レッスン

ハンガリーは、地域ごとにいくつもの文化がある刺繍大国です。今回のレッスンは、6地方の伝統文化を取り入れた図案に挑戦できるカリキュラムとなっています。

色鮮やかで、唯一無二のデザイン性をもったハンガリー刺繍を施した生地を使って、カルトナージュの新しい扉を開きましょう。

hungary02

配置次第で、刺繍の絵柄をブレードやリボンのように見せることもできそうですね。色選びもセンスも勉強になります。

草花刺繍

makabealice01
マカベアリスさんの草花の刺しゅうレッスン

続いては、レトロで素朴な雰囲気が可愛らしい、草花刺繍のレッスンをご紹介します。

このレッスンは、光沢を抑えた糸とリネン生地を使用する点が特徴です。自然な風合いとなり、日常使いにぴったりの優しい作品を作ることができますよ。

全面に刺繍して、少し北欧らしさを感じるようなカルトナージュ作品を作ってみてはいかがでしょう。

リボン刺繍

ribbon
poritorieさんのリボン刺繍

リボン刺繍とは、糸の代わりにリボンを使用する刺繍の方法のことです。
立体感とアンティークな雰囲気が魅力的なリボン刺繍は、18世紀頃にヨーロッパで生まれた歴史ある文化となっています。

少しずつステップアップしていけるカリキュラムとなっていますので、初心者の方でも安心です。
慣れてきたら、刺繍とカルトナージュの縁取りに使うリボンを合わせる上級者テクニックも身につきそうですね。

白黒刺繍

black
mifuさんのブラックワークレッスン

刺繍編の最後は、黒糸を使用するイギリスの伝統的な刺繍、ブラックワークです。
その発祥はスペインで、16世紀頃イギリスに伝わり人気が高まりました。貴族のドレスに多く使われた技法です。

布目を数えながら、美しい幾何学模様を繰り返していくブラックワークは、裏表が同じ仕上がりとなる特徴があります。

布地自体に凹凸があるため、カルトナージュへの使用は正直やや不向きではありますが、オリジナルのリボンを作るなどして応用することができますよ。

CRAFTINGおすすめレッスン〜ブレード・モチーフ編〜

ここからは、オリジナルのブレード・リボンや、アクセントパーツを作るのにおすすめのクラフトをご紹介します♪

タティングレース

race
伊禮千晶さんのタティングレース

タティングレースとは、シャトルと呼ばれる糸巻きを使い、結び目を作って模様を仕上げていくレース技法のことです。
優雅で繊細な模様が魅力的なタティングレースは、アクセサリーやつけ襟などに幅広く使用されます。

trace

写真中央の、赤と青の不思議な形をしたものがシャトルです。このシャトルに糸を巻き、糸を結んで模様を作っていきます。

race2

モチーフを連続させれば、ブレードとして使用することが可能です。作品の雰囲気に合わせて、沢山作りたいですね。
CRAFTINGのレッスンで基本を学び、いろいろなモチーフに挑戦してみてください。

クロシェレース

cloche
河合真弓さんのアイリッシュ・クロッシェレース

アイルランド発祥のクロッシェレース。1本のかぎ針(レース針)で編み上げるレースのことを、クロッシェレースといいます。
花びらの重なりや葉っぱの凹凸など、立体感を表現することが可能です。

cloche2

カルトナージュと合わせる場合は、タッセルやリボンの代わりとして、アクセントに使用するとよいでしょう。

クロッシェレースは日本でも高い人気を博し、図案や書籍が多く販売されています。
このレッスンで慣れて、お好みの作品に挑戦していってください♪

フェルト刺繍

felt
フェルト刺繍で作る花のアクセサリーPart1

日本フェルタート(R)教会による、オフフープ(R)という技法を使った立体刺繍のレッスンをご紹介します。
こだわりのグラデーションが、まるで本物のお花のようですね……!

ひと目見ただけでは、一体どのように作るのか検討もつきません。なんと、何の変哲もないようなフェルトに、糸を巻きつけるように刺繍してあるのです。

手の込んだ優美さは、まさにカルトナージュのアクセントにぴったり。

fp

CRAFTINGのレッスンは全編動画がありますので、初めてでも安心です。
また、このレッスンキットには、担当講師による6ヶ月の質問サポートもついています。
家で作れて質問もできる、オンラインレッスンならではの魅力的な制度ですよね。

「フェルト刺繍で作る花のアクセサリー」レッスンは、Part3まで用意されています。
気に入ったら続けて取り組むことができるのも嬉しいですね。

CRAFTINGおすすめレッスン〜インテリア編〜

最後にご紹介するのは、カルトナージュ作品と一緒に飾りたいクラフトたちです。
異なるクラフトと合わせることで、よりその魅力を増すカルトナージュ。皆さんのカルトナージュ作品を活用しましょう♪

押し花

oshibana02
押し花 コンプリートパッケージ

昨今、自宅で過ごす時間の増えた人が多く、お花の需要が高まっているそうです。
生花などのフラワーアレンジメントを飾るのも素敵ですが、たまには気分を変えて、押し花を楽しんでみませんか?

お気に入りの植物を押し花にすれば、形を変えて長く楽しむことができます。

ichigo
こんな風に、いちごなどの果物や野菜を押し花にすることもできるのです!つぶつぶ感が愛らしさたっぷり。
カルトナージュで作ったフレームに飾ったら、優しくあたたかい雰囲気になりますよ。

oshibana03

このレッスンでは、いろいろな植物を押し花にする方法を学ぶことができます。
技法やレイアウトのセンスを身につけて、オリジナルのアートフレームを作ってみてください。

押し花のレッスンは、完了するとディプロマを取得できます。お得に学べる今がチャンスです!

植物標本

hyouhon1
植物標本でアートするプラントアートマスタープログラム コンプリートパッケージ

最後は、植物標本を作るレッスンです。見た目は押し花に似ていますが、作り方が異なります。
よりリアルな質感が残る点が特徴です。

hyougon2

このように、クリアフレームに飾りつけるのが人気の植物標本。
縁はカルトナージュで、中心はクリアフレームで仕上げたら、いつもとは違った雰囲気の作品の完成です。

hyouhon3

このように、樹脂の中に閉じ込めて楽しむのも人気の方法です。このやり方も、レッスン内で習得することができます。
カルトナージュの引き出しつまみや、タッセルとして使うと可愛さがアップしますね。

この植物標本レッスンも、押し花同様、完了するとディプロマを取得することができます。

急いで!CRAFINGの割引は10月31日まで!

CRAFTINGの1周年記念割引キャンペーンは、10月31日(土)までの期間限定です。
気になっていたアートを、お得な価格で学べる絶好の機会となっています。

是非、新しいアートに挑戦してみてください!