タティングレースを編んで、カルトナージュ作品に使おう!


カルトナージュの装飾に使うレーステープやブレード。みなさんどこで入手していますか?

手芸屋さんやリボン屋さんで選んだり、蚤の市でアンティークレースを探したり……。
素材選びも、カルトナージュの楽しみのひとつですよね。

ところで、装飾パーツをご自身で作られたことはありますか?
タッセルを作ったことがある方は、多くいらっしゃるかと思います。
実は、ブレードやモチーフも作ることができるのです!

今回は、カルトナージュの装飾におすすめしたい「タティングレース」をご紹介します。

タティングレースとは

55600830 (1)
日本ヴォーグ参考作品

タティングレースとは、シャトルと呼ばれる糸巻きを使って編み目(結び目)を作っていくレース技法のことです。
タッチングレース、シャトルレースとも呼ばれています。

その歴史は非常に長く、その技術は古代エジプトからすでにあったと言われますが、正確な起源はわかっていません。
18世紀頃には、ヨーロッパの貴族が教養として習うようになった歴史もあり、長い間親しまれてきたアートです。

056781

様々な模様を編むことができますが、その中でも、ピコやピコットと呼ばれるポコっとした装飾模様が最大の特徴です。

タティングレースはカルトナージュと相性抜群

perruche20120911
Atelier perruche

タティングレースのモチーフは、カルトナージュ作品との相性抜群です。作品のアクセントになってくれます。

55600830
日本ヴォーグ参考作品

タティングレースは、モチーフだけでなくエジング(ブレード)を編むことも可能です。
カルトナージュの作品の幅が広がりそうですね!

自分で作ったモチーフやブレードを使って、いつもと違ったカルトナージュ作品を作ってみましょう♪

タティングレースに必要なもの

タティングシャトル

シャトルに糸を巻いて使っていきます。シャトルそのものに糸巻きがついているタイプ

lesson_pic_shuttle_02

こちらの写真のように、シャトルそのものに糸を巻いていくタイプがもっとも一般的です。
巻き方はこちらのページで詳しく解説されていますので、参考にしてみてください。

sha
タティングシャトル・ボビン

このように、ボビンがついているタイプもあります。このタイプは糸が巻きやすく、交換も簡単なのでおすすめです!

503071

通常、違う色の糸を使いたい時は、新しい糸を巻き直すか、別のシャトルを使用しなければなりません。
紹介したタイプであれば、ボビンを交換するだけですぐに別の色の糸を使うことができます。便利ですね!

レース糸

001298672
金票#40レース糸10g(672)淡い紫

レース糸には、#30、#40といったように番号がついており、数字が大きいほど糸が細くなります。
タティングレース初心者の方は、40番程度の太めの糸から始めるのがおすすめです。

作るものによってはかぎ針が必要になる場合もありますが、シャトル・糸・ハサミだけあれば、ひとまず始めることが可能です!
この手軽さも、タティングレースの根強い人気の理由のひとつとなっています。

初心者におすすめのタティングレースグッズ

まずは道具入りのお得なキットで

500386
盛本知子さん監修 タティングレース 小花のモチーフキット

こちらのキットは、糸・シャトルと作り方のレシピ入り!このキットひとつでタティングレースがスタートできます。
1,000円+税で、始めやすい価格設定も嬉しいですね♪

初心者向けに、練習用の太めの糸と本番用の2種類の糸が入っています。安心して練習できますね!
初めてでもこんな素敵なモチーフが作れますよ。

落ち着いたカラーのレース糸セット

502352
金票70番レース カラーパレット

落ち着いていてファッションに取り入れやすいカラーを厳選した、糸のセットです。

太さは異なりますが、同じ金票の40番レース糸は、単品の場合1巻10gで販売されています。
こちらのキットは、70番が各色5gずつ。タティングレースのモチーフやエジング作りであれば、十分な量です。
少しずつ、様々な色の糸が入手できてお得ですよね。

502352−2

この糸セットには、タティングレースの編み図も同封されています。セットに入っている糸を使って、こんな素敵なペンダントが作れますよ♪

初めての方におすすめの書籍

0A10070413
エジングとモチーフ はじめてのタティングレース

簡単なモチーフやエジングから、難しそうに見えても基本をマスターしていればできるものまで、101点の編み図が掲載されています。
難易度がマークで示されているので、少しずつステップアップしていくことができますよ。

そして、この本は動画解説つき!
編み方がわからなくなってしまったら、QRコードを読み込むと解説の動画を見ることができます。本だと難解な部分も、動画ならわかりやすいですよね。スマートフォンで気軽に閲覧できる点も魅力のひとつです。

必要な道具が少なく、始めやすいタティングレース。簡単なモチーフであればすぐにできあがります。
小さなモチーフから作って、ぜひカルトナージュ作品に役立ててみてください♪