おうちで手軽にカルトナージュ♪作り方は?!


フランス伝統の手工芸「カルトナージュ
カルトナージュは、カルトンと呼ばれる厚紙を切り、組み立てたものに、布地や紙を貼り付けてデザインするクラフトです。
もともとは、古く色あせてしまったものに、美しい布を貼り付けて生き返らせ、長く使用できるようにというアイデアから生まれました。

keisaijouhou_photo2

インテリアの延長線上にいるともいえるカルトナージュは、実用性と装飾性を兼ね備えた存在。自分好みの生地で作ることができますので、お部屋丸ごと素敵空間にできるポテンシャルを持っています。各々の理想的なアイテムを作り上げることのできるすごいクラフトなのです!

images

そんな素晴らしいカルトナージュ、一体どんな風に作っているのでしょうか?
今日は一から順に、気になるその作り方を説明していきたいと思います♪

カルトナージュの作り方

作りたい作品によって使用する材料や道具が変わってきます。どんなアイテムが作りたいか決まったら、材料集めに取り掛かりましょう。

材料をそろえる

・厚紙
・台紙
・お好みの生地

IMG_0674-600x400

確実に必要なのは上記の3点。
厚紙や台紙は100円ショップでもそろえることができます。
生地は手芸屋さんやネットでたくさん販売されていますので、お好みのものを探し出してくださいね。こだわりを持って、本場フランスからの輸入生地を使う方もいらっしゃいます。生地の問屋さんでも個人販売されているお店がありますので、探し出してみてはいかがでしょう。

使用する道具は?

・カッティングマット
・定規
・カッター
・はさみ
・ボンド
・筆
・ロータリーカッター
・コンパス

2357

上記のアイテムがあれば大丈夫!
カルトナージュ専用のものは使いやすく作られていますので、長く続けようとお思いの方は購入をオススメします。
手軽に始めたい!という方は100円ショップでほとんどのアイテムをそろえることができますよ。安価で始められるのは嬉しいですよね。

いざ!作業開始!!

材料や道具がそろったら作業開始です!

STEP1 図面引き

厚紙(カルトン)に作りたい作品の図面を引きます。
作品の展開図を描いていくという感じです。
定規で精密に線を引くこと。美しい仕上がりへと導いてくれますよ!
円や多角形を作成するときにはコンパスを使いますので、お忘れなくご用意くださいね。

d0168496_1657407

定規は、目盛りに対して縦線が入っているものがオススメ。
直線に線が引けているかすぐに確かめることができますよ♪

STEP2 カルトンをカット!

序盤の大一番!カルトンカットの作業です。
ここで先ほど描いた線をガイドにして、線の通りにカットします。

image

初心者さんは仕上がりがガタガタになってしまうことが多いですので、注意が必要です。カッターを入れるときは緊張しますが、力を入れすぎないのがコツだそうですよ。

STEP3 パーツを組み立てる

切ったパーツを組み立てていきます。

カルトナージュ準備

紙の工作のようにのりしろや差込などがありませんので、パーツとパーツを水貼りテープやマスキングテープで止めていきます。

STEP4 布をカットする

作品のパーツに合った大きさに合わせて布をカットします。
布を貼るときは、のりしろが必要になりますので、1cm~1.5cmほど大きく切っていきます。
この作業もなかなか緊張するものですが、リラックスして行ってくださいね。

454470461d99bf26231ab101f7f3febb

布はどの部分を出すかで作品の印象が変わってきます。
仕上がりを想像しながら布の位置を決めることがポイントです。

STEP5 布をボンドでカルトンに貼る

カルトンに、ボンドで布を貼っていきます。
ボンドは水で薄めたものをしようします。水の調整が難しい場合は、カルトナージュ専用のボンドも販売されていますよ。専用のボンドだけあって使用感もとてもよく、評価が高い品です。

image

ムラなくのばすためには、刷毛を使うことをオススメします。刷毛が手元にない場合は、厚紙の切れ端でも代用できますよ。

STEP6 乾かす

大切な大切な乾かす作業。
カルトンは、のりが乾くと「反り」が出てしまうことがあります。
反りを防止する為に重しを置いたり、クリップなどで固定して乾かします。

STEP7 完成!

のりが乾けば完成です!

主な作業は6工程ほどで作ることができます。
ブレードやレース、リボンで飾ったり、タッセルや金具をつけたりすればワンランクアップした仕上がりにすることもできます。

P1010750-600x450

カルトナージュは基本的には厚紙で作られたものをさしますが、最近ではプラスチック製などのアイテムにも施されるようなりました。
ウェットティッシュケースは有名ですよね。

c0314694_14312334

このように、工夫次第で可能性がどんどん広がっていくのがカルトナージュ。基本のテクニックを確実に身に付ければ、次々に作品を生み出すことができます!

カルトナージュは、古くから伝わる伝統的なテクニックをもとに、現代のライフスタイルに合ったアイテムにも応用することのできる、進化し続けるクラフトなのですね。

キットで手軽に作成♪

「おうちで手軽にカルトナージュを楽しみたい!」
カルトナージュをご存知の方なら一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

カルトナージュで大変なところは、作品の大きさを決めて、そのサイズに土台であるカルトンをカットするところ。カルトンのカットは避けて通れません。

c0314694_22373523

カルトンを切るのって結構大変なんですよね……。歪んでしまって、まっすぐに切れないといった初心者さんからの声はよく聞こえます。
カルトンカットにはコツが入りますので、やはり経験が大切。何度もこなしていくことで、テクニックが身についていきます。

そうはいっても、早く作品が作ってみたい!という方にオススメなのがカルトナージュキットです。ヴォーグ社が運営する「手づくりタウン」のショッピングストアでは、さまざまなキットが販売されています。

F2501102

カット済みのカルトンや、生地、リボンなどの必要なものが一まとめになったキットは、本当に便利♪
組み立てから始めることができますので、さくさくと制作を進められます。

生地は自分の好きなものを選びたい!という方のために、生地なしのキットもありますよ。
ご自分の作りたいキットを探して、作品作りを楽しんでくださいね。素敵なキットがたくさんありますので、いくつか紹介いたします♪

オーバルミラーキット

F01005s2

こんな素敵なミラーが作れるキットです。円形カットは初心者さんには難しいですが、カット済みのカルトンが入っていますので、どなたでも手軽に作成することができますね。

マガジンラックキット

F01006s2

難易度が高い立体作品のキットもありますよ。
こちらのキットは、こんな個性的なマガジンラックを作ることができます。
すぐに制作に取り掛かることができるのも嬉しいですね。

こうの早苗の布箱台紙セット

500028s1

ハート型のかわいい作品。こちらもキットで販売されています。
難しいハート型も簡単に美しい仕上がりに♪
お部屋に飾ったり、プレゼントを入たりと、用途が広そうです。

カルトナージュは独学だっていけちゃうんです!

カルトナージュは独学で勉強できるのをご存知でしょうか?
ご自分で楽しむだけでなく、テクニックさえあれば開業することも!

IMG_20170309_093316_819-600x450

実際に、サロンには通わず、独学で先生にまでなられた方もいらっしゃるのです。
カルトナージュナビのコラムで反響を呼んだ、東京・国分寺のサロンgrandirを主宰する悦子先生もそのお一人。

独学は、先生と作りたいテイストが合わないということもなく、自由度がとても高いので独創性も表現していくことができます。
反面、億劫になってしまったときに自制が効くかどうかで、作品作りやテクニック定着への道筋も変わってきます。

18-02-08-23-22-02-820_deco-600x488

独学で欠かせないのがテキストに当たる「カルトナージュ本」
数多くの専門的な本が販売されていますので、中身を拝見しながら、ご自分に合う本を探してみてください♪

自信のない方は……体験レッスンへ!

そうはいっても、カルトナージュに触れたことのない全くの初心者の方にとっては、作品作りの工程や、細かいポイント、作り方のコツの全てを本から理解するのは難しいですよね。

857ac800fac2d99bd9526e7699d40398

一から自分でやるのはちょっと……という方にオススメなのが体験レッスンです。手ぶらでレッスンに行けますので、材料や道具を揃える必要もありません。
体験レッスンに行ったからといって、必ずしも入会しなければいけないわけではありませんので、ぜひ活用してください。
先生のご指導の元、初心者でも作りやすい作品をじっくりと仕上げることができます。

そこで身につけた技術を応用すれば、おうちでもさまざまなアイテムを作ることができるようになりますよ。

手づくりタウンはこちら