第6回「サロン開校をお考えの皆様へ」

長年お教室をやってきて、お弟子さんをとらないのかと聞かれたことはありましたが、特に資格を希望される生徒様はいらっしゃらなかったので、資格コースは設けておりませんでした。
そんななか2014年に、フリーコースに通ってくださっていた生徒様から、キットで作るコースを開設してほしいというご要望がありました。
そこで試行錯誤を重ね、皆様のご要望にお応えするべく新コースを開設しました。0227-1
Graceful Collectionです。

サロン開校に当たり、一番大変なのが初期投資です。
たくさんの種類の材料、資材を用意してストックしておくのは資金的にも大変ですし、材料を置くスペースも必要となります。
そこで、在庫管理が一切なく、受講内容もコンパクトにして短期間で基礎技術を身に着け、ご自身でもレッスンできるように考え抜いたディプロマコースがGraceful Collectionです。すべてキットでのレッスンとなるので、材料をそろえる必要がありません。

初めてサロン開校をお考えの方には、お勧めかもしれません。
とりあえず、在庫を抱えずにレッスンをスタートして、必要に応じて資材をそろえていけば無駄がありません。
サロン開校を考えてる皆様は、資格を取得し、材料もそろえたけれど、生徒さんが一人も来なかったらどうしようと不安に思われることと思います。

最初から、資材を豊富にそろえる必要はないと思います。
必要最低限の材料は必要ですが、資材確保より、スキルを磨くほうが、集客にはつながるのではないでしょうか。どんなに資材がたくさんそろっていたとしても、生徒様からの質問に答えられなかったり、手直ししてあげられないほうが、生徒様の信頼を失ってしまうと思うのです。そのためにも、復習は欠かせません。私の場合もそうですが、一度習ったからと言って、決して人に教えることはできません。

0604-2いくらメモを取ったり、写メを撮ったとしても、レッスン中は目の前の工程をこなすことで頭がいっぱいで、いざ自分ひとりで最初から作ってみようとしても、なかなかスムーズにいかないことも多いと思います。
教える前に、まずひとりで作ってみる。当たり前のことですが、大切なことだと思います。上達するには復習あるのみです。

最初の一歩を踏み出すのは勇気がいることですが、足踏みだけしていても何も進みません。
講師の不安は、教えられる生徒様にも伝わってしまいます。
レッスンの前にちゃんと復習して、手順を見直し、自信を持って接すれば、生徒様も安心すると思います。

まず、自分が生徒様の立場だったらどうだろうかということを念頭に置き、ただ技術を詰め込みすぎるのではなく、適度の休憩も考慮して、生徒様に疲れを感じさせないように、そして喜んでいただけるよう日々努力すれば、きっと満足していただけると思うのです。皆様もがんばってください。

私のつたない文章に長い間お付き合いくださいまして誠にありがとうございました。

■コラム執筆者のプロフィール

千葉市花見川区にてアトリエティーローズを主宰。
カルトナージュ歴18年の講師が、丁寧にご指導いたします。
千葉市花の美術館(現 三陽メディアフラワーミュージアム)にて、暮らしを彩るカルトナージュ展を毎年開催。
カルチャーセンター5か所にて講座開講中。
カルトナージュのほか、デコールドシルクフラワー、グルーデコ、リボンクラフト、M-style Ribbon 、Ribbon laboフリルコレクションも開講中。
2014年より、在庫管理一切なしのキットコースGraceful Collection 、Graceful Tea Party Collectionのほか、シルクフラワーとコラボレーションした独自のFloral cartonnageⅠ・Ⅱ通信講座も開講中 全国に認定校多数誕生。
この他、ぺルメル、マガジンラック、カルトナージュで作るバッグの永久ライセンス取得コースもあります。
資格取得コースのほか、フリーレッスンでは、紙袋のリメイクや小家具の作成も可能です。
今年、今までにないまったく新しいコースも新設予定。

→  このサロンの詳細を見る